ブラモリオカ

岩手県盛岡市をブラブラしています。

紅白アゲアゲな岩手人一覧

f:id:chi-tan-35:20211217220205p:plain

 ※ 画像はすべて公式ツイッターより

 

『第72回NHK紅白歌合戦』の放送まで2週間を切りました。

www.nhk.or.jp

 

そこで、紅白に出場経験がある岩手県出身者・関係者を一覧にしてみました。

 

高橋圭三さん (花巻市出身)

元NHKアナウンサーで、日本初のフリーアナウンサーです。1953年 (第4回) ~ 1961年 (第12回) まで、白組司会を9年連続で担当しています。

 

千昌夫さん (陸前高田市出身)

1968年 (第19回) に「星影のワルツ」で初出場。この曲はオリコン年間1位、ミリオンセラー (170万枚) を記録する大ヒット。その後、2011年まで計16回出場しています。岩手県民カラオケの定番、1977年発売の名曲「北国の春」は計6回歌われています。

 

藤圭子さん (一関市出身)

1970年 (第21回) に「圭子の夢は夜ひらく」で初出場。この曲はオリコン週間1位 (10週連続) 、年間でも3位を記録する大ヒット。その後、1976年 (第27回) まで計5回出場。ちなみに娘の宇多田ヒカルさんは、2016 (第67回) に1度だけ出場しています。

 

新沼謙治さん (大船渡市出身)

1976年 (第27回) に「嫁に来ないか」で初出場。同日のTBS系『第18回日本レコード大賞』新人賞を受賞。岩手県民カラオケの定番曲になっています。その後、1990年 (第41回) まで計13回出場しています。

 

村上弘明さん (陸前高田市出身)

奥州藤原氏の栄華を描いた1993年放送の大河ドラマ『炎立つ』で主演。初代・藤原清衡役でした。前年 (第43回) のゲスト審査員を務めています。

 

阿部渉さん (奥州市出身)

現在は『ニュース シブ5時』担当。『ニュース7』や『おはよう日本』でもおなじみ。2000年 (第51回) のラジオ実況、2001年 (第52回) ~ 2004年 (第55回) まで白組司会を4年連続、2009年 (第60回) ~ 2011年 (第62回) まで総合司会を3年連続で担当しています。

 

福田こうへいさん (雫石町出身)

2013年 (第64回) に「南部蝉しぐれ」で初出場。その後、2017年 (第68回) まで計4回出場。盛岡市在住のため、市役所に「祝・紅白出場」の横断幕が登場しました。

 

潮騒のメモリーズ (北三陸市&畑野村出身)

天野アキさん&足立ユイさんのユニットで、北三陸 (岩手県沿岸北部) のご当地アイドル。2013年放送の朝ドラ『あまちゃん』で、能年玲奈 (のん) さん&橋本愛さんが演じたキャラクターです。同年 (第64回) にドラマの役名で登場し、劇中歌「潮騒のメモリー」を歌唱しました。 (詳しくは朝ドラ参照☆)

 

天野春子さん (北三陸市出身)

上と同様、朝ドラ『あまちゃん』で小泉今日子さんが演じたキャラクターです。ドラマの役名で登場し、劇中歌「潮騒のメモリー」を歌唱。大女優の影武者で闇に葬られ、主婦→罵声のスナックのママ→芸能事務所社長を経て、念願の紅白出場! (詳しくは朝ドラ参照☆)

 

大谷翔平さん (奥州市出身)

2016年 (第67回) のゲスト審査員を務めています。この年、当時在籍していた「北海道日本ハムファイターズ」が日本一に。おなじみの「二刀流」で貢献し、シーズンMVPなどに選出されました。

f:id:chi-tan-35:20211217220505j:plain

こんな感じで、岩手県出身者もけっこう出場しています。

 

また、2006年 (第57回) に初出場し、平成時代の紅白を一番盛り上げたかもしれないあの方。出身は千葉県 (こちらのキャラは東京・六本木の設定) ですが、ご両親が岩手県 (遠野市) 出身♪

 

自身や音楽のルーツは遠野だと、何かの番組で話されていました!

 

  • 2006年3月22日発売
  • オリコン 週間4位・年間41位
  • 紅白出場後のオリコンランキング (2007年1月15日付) は107位→42位


www.youtube.com