ブラモリオカ

岩手県盛岡市をブラブラしています!

Sponsored Links

いつもの街の、いつもの風景の中に。

f:id:chi-tan-35:20200814152111j:plain

盛岡城跡公園の本丸跡に残る台座です。

 

日露戦争で戦死した、南部家42代当主・南部利祥 (なんぶ・としなが) 中尉の騎馬像が、明治41年に建てられました。

 

昭和19年、軍需資材として供出され、現在は台座のみが残ります。

 

御厩橋~盛岡商工会議所前の道には、街路樹としてヒマラヤスギが植えられています。

f:id:chi-tan-35:20200814152039j:plain

このあたりは昔の名残で、「杉土手 (すぎどて)」とも呼ばれます。

 

すぐ脇を、北上川が流れています。治水のために立派な杉が植えられた堤防 (土手) だったといいます。

f:id:chi-tan-35:20200814152043j:plain

その杉は、戦時中の供出で、すべて切り倒されました。

 

中の橋です。

f:id:chi-tan-35:20200814152117j:plain

当時の橋の欄干が、供出の対象になったという話を聞いたことがあります。(資料を発見できずにいます)

 

岩手県公会堂です。

f:id:chi-tan-35:20200814170737j:plain

昭和3年「陸軍特別大演習」の際、大本営がこの場所に置かれました。

 

昭和15年には、岩手県馬畜産組合連合会により「支那事変軍馬出征記念碑」が、公会堂前に建てられました。

 

(※支那事変とは日中戦争のこと)

 

勝利のモニュメントにもかかわらず、昭和19年に供出されました。切迫していたのが分かります。

 

上の橋です。

f:id:chi-tan-35:20200814152145j:plain

青銅擬宝珠は、昭和20年に供出のおそれがありました。

 

実業家で郷土史家の太田孝太郎という人物の尽力により、急遽「重要美術品」(文化財保護法施行以前) に認定され、難を逃れたといいます。

 

青山・みたけ地区 

陸軍の一大演習場がありました。屋内訓練場などの名残があります。

www.buramorioka.com

 

盛岡駅前・大沢川原地区

このあたりは昭和20年、数回空襲を受けています。

www.buramorioka.com

 

高松の池 

池のほとりには、「鎮魂の碑」や「平和の像」など数多くあります。

www.buramorioka.com

 

私が知っているのは、とりあえずこれだけ。

 

いつもの街の、いつもの風景の中。他にはどんなエピソードが眠っているのでしょう…

 

Sponsored Links