ブラモリオカ

岩手県盛岡市でブラブラ生きています。

Sponsored Links

4.14の盛岡は「じゃじゃの日」!今年はテイクアウトも充実!

f:id:chi-tan-35:20200413165358j:plain

盛岡市民のソウルフード「盛岡じゃじゃ麺」です。

 

こちらは、大通商店街にある「ぱんだ」というお店。

f:id:chi-tan-35:20200413165406j:plain

1980年創業。学生にも人気のお店です。以前は別の場所にありましたが、数年前、市内中心部の大通りへ。

 

私の周りにも、昔からこのお店のファンが多いんです!

 

このお店の特徴は、粉のりのトッピングです。

f:id:chi-tan-35:20200413165410j:plain

のりに含まれるグルタミンが加わることで、うま味が増すといいます。また、風味も良くなります。

 

さて…

 

毎年4月14日は「じゃじゃの日」です。「みんなで盛岡じゃじゃ麺を食べよう!」という日になります。

 

韓国に、ブラックデーという文化があります。

 

バレンタインデー&ホワイトデーに何もなかった男女が、4月14日に集まり、韓国風の黒いジャージャー麺を食べるのだとか。

 

それにちなんで、数年前から始まりました。

 

毎年4月14日の前後、店舗によってはサービスを受けられます。

 

今年は、13日と14日にサービスがあるので、13日に食べてきました!

 

こちらのお店では、麺を食べ終えたお皿で食べる「チータンタン (卵スープ)」が無料になります。

f:id:chi-tan-35:20200413165437j:plain

独特の麺に、肉味噌・キュウリ・ネギ・しょうが・にんにくなど、様々な食材がバランスよく入り、栄養満点です。

 

最後のスープは、胃腸に優しく、体を温めてくれるといいます。

 

今年は多くの店舗で、テイクアウトも充実させているとのこと。

 

盛岡じゃじゃ麺に関する記事 

www.buramorioka.com

www.buramorioka.com

www.buramorioka.com

www.buramorioka.com

 

Sponsored Links