ブラモリオカ

主に岩手県や盛岡市のこと、他にも自身の経験など、色々書いています!

Sponsored Links

休校中の小学校名から盛岡の歴史をたどる!仁王・桜城の由来!

f:id:chi-tan-35:20200307142418j:plain

盛岡の中心部では「仁王」という文字をちょいちょい見かけます。代表的なのが、盛岡市立仁王小学校です。

 

他にも…

f:id:chi-tan-35:20200307125804j:plain

仁王幼児公園・仁王幼稚園などがあります。マンション名・店名に「仁王」が入っていたりもします。

 

しかし…

 

「仁王」という地名もなければ、近隣に「仁王像」が存在するわけでもありません。

 

南岩手郡仁王村から

廃藩置県のあと、現在の盛岡市中心部は「南岩手郡仁王村」になりました。

 

1889 (明治22) 年、仁王村・上田村 (一部)・仙北町村 (一部) など、いくつかの村が合併し、盛岡市が誕生しています。

 

明治初期に創立の仁王小学校の場合、当初は仁王村の学校だったことになります。

 

では…

 

なぜ「仁王村」になったのでしょう?

 

仁王堂があった

現在の中央通りあたりに「仁王堂」を有する古寺があったといいます。

 

しかし、周辺に侍町を作るため、江戸の寛文期 (1660年代) に廃されました。その後、仁王像などの仏像群は、東楽寺 (現在の玉山地区) に移されています。

 

これが「仁王」の由来になります。

 

侍町は「仁王小路」と呼ばれました。その中で「大仁王小路」と呼ばれたのが、盛岡市立桜城小学校前の通りです。

f:id:chi-tan-35:20200307124600j:plain

ちなみに「桜城」という地名も存在しません。

 

かつて、盛岡藩士の乗馬練習所「仁王馬場」があったといいます。その跡地に明治後期、開校しています。

 

そこの桜が美しかったことから、「桜城」の名前が付けられたようです。

 

釜石に製鉄所を開いた、盛岡藩士・大島高任の生家もこのあたりでした。

www.buramorioka.com

 

そして…

 

藩士達の二男・三男が独立していき、「仁王小路」の周辺には「仁王三小路」「仁王新小路」などが作られていきます。

 

市制施行後も「字仁王」「仁王町」など、地名として残っていたようですが、徐々に消えていきました。

 

ちなみに「仁王新小路」は「仁王新町」となりましたが、現在は、本町通2・3丁目 ~ 中央通2丁目の一部になります。

 

旧四ツ家町の「大智田中地蔵尊」裏から、中央通り (盛岡さんさ踊りパレードのゴール地点) までを結ぶ通りになります。

f:id:chi-tan-35:20191109133951j:plain

※ 大智田中地蔵尊について

www.buramorioka.com

 

この通りには、現在も「仁王新町公民館」があり、「仁王新町町内会」が存在します。

f:id:chi-tan-35:20200307123120j:plain

30年ぐらい前でしょうか…

 

小学生の頃、この公民館で、仁王小・桜城小合同で「さんさ踊り」を踊った経験があります。

 

1週間ぐらいみっちり練習させられ、当日は酒臭いベロンベロンのオッチャン達に小馬鹿にされまくり、子ども達全員ブチ切れでした。

 

あれは一体、何の会合だったのでしょう…

 

Sponsored Links