ブラモリオカ

主に岩手県や盛岡市のこと、他にも自身の経験、好きなことなど書いています!

Sponsored Links

紺屋町と旧鍛冶町!この場所にあった一里塚と盛岡駅!

f:id:chi-tan-35:20191204145032j:plain

紺屋町

(こんやちょう)

 

中津川の清流を利用した、紺屋 (染物屋) が集まっていたことに由来します。

 

この町で作られた染物は、盛岡藩の特産になっていたようです。

 

現在「紺屋町」と呼ばれる地域には、「旧鍛冶町」が含まれます。鍛冶職人が多く住んでいたことに由来します。

 

この通りは「奥州街道」の名残です。街道の中でも、主要な場所のひとつだったといいます。

 

現在でも古い建物が残っています。

 

茣蓙九 森九商店

f:id:chi-tan-35:20191204145040j:plain

現在も営業中、1816年創業の商家です。

f:id:chi-tan-35:20191204145046j:plain

「茣蓙九 (ござく)」とは屋号になります。

 

屋号のごとく、ござ・畳・わら工芸・荒物を扱っています。

 

【盛岡秋まつりの様子】

f:id:chi-tan-35:20180915222700j:plain

 

紺屋町番屋

f:id:chi-tan-35:20191204145216j:plain

藩政時代から続く「南部火消し」の伝統を受け継ぐ、消防団 (よ組) の番屋です。こちらの建物は、大正時代に建てられたものです。

 

現在は老朽化により、内部には入れません。対策工事をして一般開放する話もあります。

 

【盛岡秋まつりの様子】

f:id:chi-tan-35:20180915222039j:plain

 

菊の司酒造・平興商店

f:id:chi-tan-35:20191204145315j:plain

酒造創業1772年、岩手県内最古の酒蔵です。

 

盛岡は、酒造りに欠かせない地下水が豊富だといいます。領内発祥の「南部杜氏」は、日本三大杜氏に数えられています。

 

酒蔵の向かいにある酒屋が「平興商店」です。

f:id:chi-tan-35:20191204145322j:plain

酒屋でありながら、店内で買ったお酒を飲むことができます。このスタイルは、全国的には「角打ち」といい、盛岡では「もっきり」とも呼ばれます。

 

あの有名な酒場を放浪する番組ではありませんが、以前、吉田類さんが来ていました。

 

(この酒蔵付近が、旧鍛冶町になります)

 

鍛冶町一里塚跡 

f:id:chi-tan-35:20191204150233j:plain

「史跡 奥州道中 鍛冶町一里塚跡」と記されています。

 

江戸・日本橋から一里 (約4km) ごとに、目印として「塚」が築かれていたそうです。そのひとつになります。

 

ただ、鍛冶町は町中ということもあり、大規模な「塚」は作られなかったようです。

 

盛岡市内 (旧奥州街道) にも、塚の名残 (上田一里塚) があります。 

www.buramorioka.com

 

昔は馬 (伝馬) を使って、情報などが受け渡されていました。その重要な役割を担っていたのが宿場です。

 

よって、一部の宿場は「宿駅」とも呼ばれたそうです。

 

旧鍛冶町にも宿駅があり、「盛岡駅」と呼ばれていた時代があったようです。

 

紺屋町の裏 (中津川沿い) です。

f:id:chi-tan-35:20191204150309j:plain

喫茶店「ふかくさ」は、朝ドラ『どんど晴れ』で、ヒロインが下宿する喫茶店のモデルになっています。

 

その先が「茣蓙九」裏の土塀です。

f:id:chi-tan-35:20191204150440j:plain

旧鍛冶町の裏です。

f:id:chi-tan-35:20191204150448j:plain

このあたりは、夜になってもキレイです!

f:id:chi-tan-35:20191201221641j:plain

このブログにもよく登場する「東北電力」の鉄塔です。

f:id:chi-tan-35:20191201221623j:plain

前身の「盛岡電気株式会社」は、明治期に紺屋町に開かれました。

 

Sponsored Links