ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

宮沢賢治と銀河鉄道(SL銀河)!観光にもオススメ!盛岡市内ゆかりスポット10選をご紹介!

f:id:chi-tan-35:20181106165707j:plain

宮沢賢治銀河鉄道(SL銀河)

 

賢治は花巻出身ですが、学生時代を盛岡で過ごしています。市内に残る「賢治ゆかりの場所」をたどってみます。

 

「銀河鉄道」をモデルにした「SL銀河」を見学できる場所もご紹介します!

 

① 旧盛岡高等農林学校本館

f:id:chi-tan-35:20180523190425j:plain

現在は「岩手大学農学部附属農業教育資料館」になっています。賢治はここで地質学や土壌学を学びました。

 

賢治関連の資料も展示されています。岩手大学の敷地内にあり、一般公開されています。

 

※入館料が必要です

  

資料館の裏にある「ポランの広場」です。賢治作品から付けられました。

f:id:chi-tan-35:20180529162245j:plain

「未来と過去をつなぐ」をテーマに、賢治の世界観が表現されています。

 

当時の門番所も残されています。

f:id:chi-tan-35:20180523192108j:plain

周辺は植物園になっています。

f:id:chi-tan-35:20180523190431j:plain

f:id:chi-tan-35:20180523185558j:plain

※ この場所について ↓↓↓

www.buramorioka.com

www.buramorioka.com

 

② 材木町 

f:id:chi-tan-35:20180828155818j:plain

メインの通りを「イーハトーブ・アベニュー」と呼んでいます。

 

旧高等農林(現岩手大学)から近く、賢治ゆかりの町でもあります。あの有名な童話がこの通りで刊行されています。

 

賢治の世界観を表現したモニュメントがあります。

f:id:chi-tan-35:20180828155914j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828155948j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828160218j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828160028j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828160111j:plain

当時、賢治が通っていたお店もあります。

 

【村定楽器店】

f:id:chi-tan-35:20180828160855j:plain

賢治が蓄音機やレコードを購入していたお店です。

 

【東山堂支店】

f:id:chi-tan-35:20180828161008j:plain

賢治が書籍を購入していたお店です。「ツケを花巻にいる父親にまわした」という逸話が残っています。

 

【光原社】

f:id:chi-tan-35:20180828161220j:plain

かつて出版社だったこのお店、社名は賢治が命名しています。

 

賢治作品には有名なものがたくさんありますが、生前はあまり評価されませんでした。

 

唯一刊行されたのが『注文の多い料理店』です。その出版元になります!

 

現在は鉄器・漆器をはじめ、様々な物産を取り扱うお店になっています。裏には喫茶店や展示室もあります。

f:id:chi-tan-35:20180828161851j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828162043j:plain

「宮澤賢治 イーハトーヴ童話 注文の多い料理店 出版の地」と書かかれた碑が建っています。

f:id:chi-tan-35:20190905200618j:plain

童話『烏の北斗七星』の一部を刻んだ石柱もあります。

f:id:chi-tan-35:20190905200628j:plain

f:id:chi-tan-35:20190907150337j:plain

 

【法華宗 本正寺】

f:id:chi-tan-35:20190907145900j:plain

賢治の死後、父・政次朗は遺言通り『国訳妙法蓮花経』を1,000部刊行し、賢治の友人達に配りました。

 

刊行の際、文字の校正をしたのが、このお寺の住職でした。

f:id:chi-tan-35:20190907145910j:plain

※ この場所について ↓↓↓

www.buramorioka.com

  

③ 賢治清水 (旧玉井家の井戸)

f:id:chi-tan-35:20190903223722j:plain

高等農林の3年生になった賢治は弟らとともに、下の橋際の玉井家に下宿します。

 

当時使われていた、共同井戸のみが残っています。この井戸と同じ水脈から清水が引かれています。

f:id:chi-tan-35:20190903223730j:plain

清水の隣に建つ碑には「ちゃんがちゃがうまこ」の詩が刻まれています。

 

「チャグチャグ馬コ」を詠んだ詩です。当時は下の橋を通り、馬が全力疾走していく行事だったといいます。

 

④ 盛岡城跡公園 (岩手公園) 

f:id:chi-tan-35:20180528183939j:plain

公園内(芝生広場)には、賢治の詩『岩手公園』が刻まれた碑があります。

 

盛岡中学や玉井家からも近く、賢治が度々訪れていた場所です。 

 

※ この場所について ↓↓↓ 

www.buramorioka.com

 

⑤ 内丸教会

f:id:chi-tan-35:20181213112903j:plain

賢治の詩『岩手公園』には、この教会の宣教師、タッピング牧師夫妻が登場します。

 

熱心な仏教徒だった賢治ですが、この教会に聖書の講義を聞きに訪れ、一家と親しかったといいます。

 

※ この場所について ↓↓↓  

www.buramorioka.com

 

⑥ 岩手銀行赤レンガ館

f:id:chi-tan-35:20180516140011j:plain

『岩手公園』の一節「川と銀行 木のみどり まちはしづかにたそがるゝ」の銀行とは、この建物のことです。

f:id:chi-tan-35:20180516135938j:plain

f:id:chi-tan-35:20180516135900j:plain

現在は保存活用し、多目的ホール・展示施設になっています。賢治はこの建物を気に入っていたようです。

 

※入館無料スペースと有料スペースがあります

f:id:chi-tan-35:20181102222755j:plain

f:id:chi-tan-35:20181102222858j:plain

f:id:chi-tan-35:20181102223007j:plain

※ この場所について ↓↓↓  

www.buramorioka.com

  

⑦ もりおか啄木・賢治青春館 

f:id:chi-tan-35:20190907145234j:plain

賢治と石川啄木ゆかりの場所、学生時代のエピソードなどを紹介しています。2人の盛岡での青春時代を知ることができます。

f:id:chi-tan-35:20191015183111j:plain

こちらも、銀行だった建物を保存活用しています。

 

※入館無料です

f:id:chi-tan-35:20190907145321j:plain

 

⑧ 岩手医科大学附属病院

f:id:chi-tan-35:20180529152349j:plain

賢治が入院した際、看護婦に恋心を抱いたというエピソードがあります。

 

入院生活の体験、不安や葛藤を『岩手病院』(当時の名称)という詩にしています。

f:id:chi-tan-35:20190907145527j:plain

 

⑨ 盛岡劇場

f:id:chi-tan-35:20181201102224j:plain

教員時代の賢治が、映画や歌劇を鑑賞するため、花巻から足しげく通った場所です。

 

※ この場所について ↓↓↓  

www.buramorioka.com

 

⑩ SL銀河・SL車両基地

f:id:chi-tan-35:20190825103335j:plain

花巻駅~釜石駅間(釜石線)を、毎年4月~9月(主に土・日・祝日)に運行されています。

 

平日は盛岡で整備がされています。よって、花巻に向かう日の朝、戻って来る日の夕方、東北本線沿いで見ることができます。

 

盛岡駅裏にある「盛岡車両センターSL検修庫」です。 

f:id:chi-tan-35:20180821134043j:plain

シャッターが開いていると、整備中の「SL銀河」を見学できます。(閉まっている場合もあります!)

f:id:chi-tan-35:20180821134057j:plain

f:id:chi-tan-35:20180821134105j:plain

f:id:chi-tan-35:20180821134111j:plain

※ この場所について ↓↓↓   

www.buramorioka.com

 

Sponsored Links