ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

『そして、生きる』『監察医 朝顔』『偽装不倫』2019年夏ドラマ!岩手が舞台・ロケ作品が3つも!過去には?

f:id:chi-tan-35:20190820210025j:plain

2019年夏ドラマ

 

この夏に放送されている連続ドラマには、岩手県が舞台・ロケ地になっている作品が3つあります!

 

映画や単発ドラマでは時折ありますが、連続ドラマで、それも同時期に3作品が舞台になるのは、とても珍しいことです。

 

その3作品を紹介します。

 

また、過去に岩手県が舞台・ロケ地になった連続ドラマ作品もあわせて紹介します。

 

そして、生きる 

WOWOW・日曜22時 (ドラマW)

 

主演は有村架純さん・坂口健太郎さんです。

 

脚本は有村さん主演の朝ドラ『ひよっこ』岡田惠和さんです。

 

主人公の生田鐘子は、3歳の時に交通事故で両親を亡くし、盛岡市内で理髪店を営む伯父のもとで育ちます。

 

天真爛漫な性格で、カフェで働きながら地元でアイドル活動をし、将来は女優になることを夢みています。

 

東京で開催されるオーディションに挑もうとした日、東日本大震災が起きます。

 

その年の秋、鐘子は被災地のボランティアに参加します。

 

そこで、東京から来た学生ボランティア団体の運営メンバーの大学生と出会います。もうひとりの主人公・清水清隆です。

 

この出会いが2人の運命を変えていきます。

 

今年の3月から6月にかけて、市内各地で大々的なロケが行われていました。

 

そして先日、有村さんと監督の月川翔さんを招いて、試写会・トークショーが行われていました。

 

私はWOWOWの契約をしていないので、DVD化されたら視聴しようと思います。(DVD化されるのか?)

 

※ 公式サイトはこちら ↓↓↓

https://www.wowow.co.jp/dramaw/ikiru/

 

監察医 朝顔 

フジテレビ・月曜21時

 

主演は上野樹里さんです。

 

主人公の万木朝顔は、大学の法医学教室に勤める、新米ながら優秀な法医学者です。ベテラン刑事である父と二人で暮らしています。

 

父と娘、一緒に仕事をすることもあります。

 

東日本大震災が起こった2011年3月11日。朝顔は母と、母の実家がある東北に帰省していました。そこで被災し、母は今でも行方不明のままです。

 

朝顔は震災のトラウマを抱えています。母の遺体と対面できなかったことが、法医学の道へ進むきっかけになります。

 

父は休みになると東北へ行き、妻を探し続けています。一方、朝顔は現地へ行くとあの記憶が蘇ってしまい、向き合うことが出来ずに苦しんでいます。

 

劇中では「東北」と表現されていますが、三陸鉄道リアス線が登場します。

f:id:chi-tan-35:20190825102503j:plain

(※写真は陸中山田駅)

 

大船渡市内にて実際にロケが行われています。

 

今期クールの視聴率NO.1作品。私も毎週観ていますが、刑事ドラマ+医療ドラマ+ホームドラマで、とても心温まる作品です。

 

※ 公式サイトはこちら ↓↓↓

https://www.fujitv.co.jp/asagao/

 

偽装不倫

日本テレビ・水曜22時 (水曜ドラマ)

 

主演は杏さんです。

 

主人公の濱鐘子は、婚活に失敗し続ける独身の派遣社員。

 

趣味は1人旅行。博多旅行の際、姉から服を借ります。ポケットには、なぜか姉の結婚指輪が…。

 

飛行機内で落とした指輪を拾ってくれた、年下のイケメン伴野丈と出会います。

 

鐘子は見栄から「自分は既婚者」と嘘をついてしまいます。

 

スペイン帰りの丈は、日本でブーム(?)になっている不倫に興味を持っています。そこから、謎の「偽装不倫」がスタート。

 

東京に戻ってからも、2人は度々出会うことになり、どんどん惹かれあっていきます。しかし丈には重大な秘密が!

 

鐘子の両親が花巻出身で、子どもの頃は岩手で暮らしていたという設定です。濱家のおもてなし料理は「わんこそば」で、劇中にも登場しました。

 

また、鐘子の部屋着が「南部鉄器Tシャツ」だったことがあります。(実際に売られているらしいです)

 

この作品で一番衝撃的なのは、仲間由紀恵さん演じる真面目な姉が、実際に不倫していることです。不倫されているその夫の名前が吉沢賢治なのが気になります。

 

宮沢賢治作品「銀河鉄道の夜」に登場する、2人の少年の名前(カンパネルラ・ジョバンニ)が、メイン2人の名前のモチーフになっています。

 

岩手生まれの鐘子の名前は、カンパネルラ(イタリア語で鐘の意味)から取られています。

 

丈もこの作品のことを何となく知っています。伴野丈は海外ではジョウ・バンノ。鐘子との会話から、自分の名前がジョバンニに似ていると感じます。

 

丈は鐘子との出会いに運命を感じ、本を買い、銀河鉄道に興味を持ちます。

 

いつか2人で岩手へ行き、銀河鉄道にそっくりな「SL銀河」に乗ろうと約束します。実際に釜石線(花巻駅~釜石駅)を走る鉄道です。

f:id:chi-tan-35:20190825103335j:plain

(※写真は盛岡市内)

 

第5話では、丈が一人で岩手を訪れました。実際に花巻市内遠野市内が登場しています。ただ、列車に乗るシーンはありませんでした。

 

今後、鐘子と丈は一緒に乗ることができるのか?

 

スタート時からネット上では何かと賛否両論、話題になっています。視聴率も上昇傾向。

 

コメディながら不倫のドロドロした面もあり、個人的に今クールで一番ハマっています!

 

※ 公式サイトはこちら ↓↓↓

https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/

 

岩手が舞台・ロケの連ドラは?

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)が記憶に新しいところでしょうか。

 

『あまちゃん』(2013年) は社会現象になったので、多くの人が知るところだと思います。主に久慈市が舞台・ロケ地でした。ヒロイン・のんさんの今後が気になるところです。

 

『どんど晴れ』(2007年) は、主に盛岡市が舞台・ロケ地でした。現在放送中の朝ドラに光子(川村屋のマダム)役で出演中の比嘉愛未さんがヒロインでした。

 

大河ドラマでは、奥州藤原三代の栄華と没落を描いた『炎立つ』(1993年) があります。主演は渡辺謙さんでした。

 

この大河で使われたオープンセットが「えさし藤原の郷」として、現在はテーマパーク兼撮影所になっています。その後も、多くの大河ロケに使われています。オープニングで「協力 : 岩手県奥州市」と出る作品が多数あります。

 

また、奥州平泉は様々な大河に登場します。

 

近年では、滝沢秀明さんが主演した『義経』があります。滝沢さんの子ども時代(牛若)を演じていた神木隆之介さん『平清盛』で義経役でした。

 

民放の連続ドラマで舞台になったものでは、日本テレビで放送された『ニュースなあいつ』(1993年) というものがあります。いかにも90年代前半なタイトル…。

 

これは地元の人でも知らないかも…。

 

本木雅弘さん演じる主人公が、岩手のローカル局から、キー局のニュースキャスターに抜擢され、奮闘するコメディでした。

 

あまり記憶が定かではないのですが…

 

ドラマ放送と同時期に「三陸海の博覧会」というものが、実際に釜石市・宮古市・山田町にて開催されていました。

 

水野真紀さん演じる地元局アナ(主人公の元カノ)が、実際に現地から中継しているシーンが毎回のように登場していた気がします。

 

主人公が働いていた岩手の局として、日テレ系列であるテレビ岩手の社屋が登場していたような…。

 

Sponsored Links