ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

中津川治水碑と明治43年の大水害。

西日本豪雨から1年、九州北部豪雨から2年になります。そして今週は九州南部を中心に、記録的な大雨が降りました。

 

遠い地域の話だけではなく、3年前の台風10号では、盛岡市の隣の岩泉町にて、大雨で川が氾濫し、高齢者施設に濁流が流れ込むなど、大きな被害が出ました。

 

川の街・盛岡は、藩政時代より多くの水害に見舞われてきた地域です。

f:id:chi-tan-35:20180806171305j:plain

中津川治水碑

 

1912(大正元)年11月9日、市内を流れる中津川の治水工事が完了したことを記念し、下の橋付近に建立されました。 

 

盛岡市中心部には3つの川が流れています。

 

① 北上川

f:id:chi-tan-35:20180709174255j:plain

② 中津川

f:id:chi-tan-35:20180709172934j:plain

③ 雫石川

f:id:chi-tan-35:20180709174452j:plain

この3つの川は、盛岡駅の近くで合流します。

f:id:chi-tan-35:20180710104512j:plain

下の写真が実際の場所です。

f:id:chi-tan-35:20180710110444j:plain

明治43年の大水害

 

1910(明治43)年9月、市内全域が浸水する大水害がありました。この年は日本全国で水害が相次いだようです。

 

この年の8月から9月にかけて、北上川流域に3つの強力な台風が相次いで襲来。特に8月末から降り続いた雨の影響は大きく、中津川の最高水位が4メートルに達したといいます。

 

中津川に架かる下の橋・毘沙門橋・中の橋・与の字橋・上の橋、北上川に架かる明治橋が流失しました。これにより市内が分断される事態になりました。

f:id:chi-tan-35:20180710112417j:plain

また、被害は現在の岩手郡から一関市・宮城県北部まで、多くの地域に及んでいます。岩手県南では、北上川の水位が14メートルに達した地域もあったといいます。

 

県下の北上川流域では、死傷者6名・住宅被害8,708棟・橋の流失124か所と、被害は甚大。(※実際の被害はもっと大きかったと言われています)
 

この水害をきっかけに、北上川水系の河川改修が本格的に検討されます。 

f:id:chi-tan-35:20180710112451j:plain

中津川においては、1912(大正元)年、治水工事が完了します。

f:id:chi-tan-35:20180806171405j:plain

そして、同年11月9日、中津川治水碑が建立されました。 

f:id:chi-tan-35:20180806171305j:plain

この時、中の橋は擬宝珠が付いた橋から、洋風の橋に架け替えられます。

f:id:chi-tan-35:20180516135900j:plain

そして、擬宝珠は下の橋へ。

f:id:chi-tan-35:20180516134519j:plain

その後も何度か水害があり、時には橋の流失があり、堤防の整備が進められてきました。

 

昭和に入り、北上川に四十四田ダム、雫石川に御所ダム、中津川に綱取ダムが完成しています。

f:id:chi-tan-35:20190428204909j:plain

Sponsored Links