ブラモリオカ

主に岩手県や盛岡市のこと、他にも自身の経験、好きなことなど書いています!

Sponsored Links

平成の時代に岩手で起きた4つの大きな地震。

f:id:chi-tan-35:20180604171149j:plain
※ 写真はイメージです

  

今週18日の深夜、山形・新潟で最大震度6強を観測する大きな地震があり、津波注意報が発令されました。

 

そのちょうど1年前には、「大阪北部地震」(最大震度6弱) がありました。その翌月、「西日本豪雨」の中、千葉県で最大震度5弱の地震が発生しました。

 

9月には「北海道胆振東部地震」(最大震度7) がありました。

 

今年の年始早々には、熊本で大きな地震があり、その後も大きな地震がいくつかありました。

 

しかし「ありすぎて思い出せない」というのが、私個人の正直な感想です。 

 

岩手県全域、昔から地震が多い地域です。今週の地震では、岩手県内に被害はなかったものの、矢巾町で震度4、盛岡市などで震度3を観測しました。

 

しばらくぶりに「緊急地震速報」の音を、テレビ・スマホ同時に聞きました。

 

そこで、私の記憶をたどりながら、平成の時代に岩手で起きた大きな地震を振り返ってみようと思います。

 

① 三陸はるか沖地震

1994 (平成6) 年12月28日 午後9時19分

 

盛岡市にて震度5※を観測。最大震度は、青森県八戸市の震度6※でした。

 

年末の帰省客に大きな影響が出たといいます。

 

私の家では、関東から親戚が帰省していました。棚から物が落ちる光景に、あまり大きな地震を経験したことがない親戚達はパニック状態でした。

 

翌年1月に入ってからも余震が続き、最大震度5※を観測したものもありました。

 

この地震の20日後、1995 (平成7) 年1月17日に発生したのが「阪神・淡路大震災」です。

 

「三陸はるか沖地震」「阪神・淡路大震災」ともに、発表された震度・マグニチュードと、被害の規模に大きな差があったようです。

 

これは以前から問題になっていたとのこと。

 

この2つの地震をきっかけに、当時8段階 (震度0~7) だった「気象庁震度階級」が、現在の 10段階 (0~4・5弱・5強・6弱・6強・7) に改正されました。

 

「激甚災害」にも指定されています。

 

② 宮城県沖地震

2003 (平成15) 年5月26日 午後6時24分

 

岩手県南地域や宮城県北地域の多くで、震度6弱を観測しました。

 

県内ほとんどの地域で、震度5弱以上を観測しています。

 

盛岡市では震度5弱を観測。

 

平日の夕方6時代ということで、県内の全テレビ局では、ローカルニュースの生放送中。スタジオがパニック状態でした。

 

当時放送されていた、NHK『ニュース9』にて、盛岡放送局夕方ニュースの地震発生時の映像が流れた記憶があります。

 

当時は「緊急地震速報」がない時代でした。

 

普通にニュースを読んでいる ⇒ 突然揺れ始める ⇒ 大揺れになる、といった感じでした。

 

また、東北新幹線の高架線橋脚の多くが損傷。

 

私は当時、県外に住んでいて、ちょうどこの地震の数時間前、実家に帰ってきたところでした。1本遅い新幹線だったら、長時間足止めになっていました。

 

また、私の家の近所では地震の衝撃で電線が切れ、火の粉が散っていました。すぐに110番しました。

 

またこの日は、1983年に秋田県を中心に大きな被害を出した「日本海中部地震」から、ちょうど20年目の日でした。

 

東北日本海側の地域では、特集を放送している中での地震だったといいます。

 

③ 岩手・宮城内陸地震

2008 (平成20) 年6月14日 午前8時43分

 

岩手県南地域から宮城県北地域にかけて、大きな被害が出ました。岩手県内では奥州市にて震度6強を観測しています。

 

一関市 (震度5強) では国道にかかる、祭畤大橋 (まつるべおおはし) が倒壊。当時のものは「震災遺構」として保存されています。

 

平泉町の「中尊寺」などにも被害がありました。

 

この地震は、余震が多かった記憶があります。7月に入っても続いていました。

 

私は当時、県内の児童福祉施設に勤めていました。地震が起きるたび、子ども達を非難させたり、泣き出す子をなだめていた記憶があります。

 

そして…

 

④ 東日本大震災 (正式名称:東北地方太平洋沖地震)

2011(平成23)年3月11日 午後2時46分

 

が発生しています。

 

最近は地震以外にも、豪雨・台風・猛暑など様々で、私個人的に極端な言い方をすると、災害に慣れてきてしまっている面があります。

 

もう一度、色々確認して備えようと思っています。

f:id:chi-tan-35:20180904154426j:plain

また、もう少し余裕ができたら、防災についてもっと勉強してみようと思っています。

 

Sponsored Links