ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

年賀状の定番。かつては盛岡を代表する白鳥の飛来地でした。来なくなった理由は…? 現在は…?

f:id:chi-tan-35:20181218144054j:plain

明治橋の下、北上川の川原です。(仙北1丁目)

 

毎年8月に「舟っこ流し」が行われる場所です。

f:id:chi-tan-35:20181218144127j:plain

かつてこの場所は、盛岡を代表する白鳥の飛来地でした。

 

岩手山をバックにした白鳥の写真は、年賀状にもよく使われていました。

f:id:chi-tan-35:20181218144234j:plain

年々この場所には、白鳥が来なくなってしまいました。

 

その理由は…

 

こちらの明治橋。市街地と郊外を結ぶ重要な橋です。

f:id:chi-tan-35:20181218144207j:plain

交通量が多く、度々工事が行われてきました。

 

また、近隣の都市開発が進んだことも、大きな理由だといいます。

 

ここが飛来地だった名残があります。

f:id:chi-tan-35:20181218144312j:plain

ただ、全く来なくなったわけでもなく、たま~に姿を見かけることがあります。

 

所変わって、同じ日の高松の池です。(高松1丁目)

f:id:chi-tan-35:20181218151249j:plain

現在、盛岡を代表する白鳥の飛来地といえば、この場所になります。

 

(※雲ってきましたが同日です)

 

こちらでは…

f:id:chi-tan-35:20181218151319j:plain

12月も半ばになり、どんどん増えてきました。

f:id:chi-tan-35:20181218151351j:plain

f:id:chi-tan-35:20181218151438j:plain

カモ、何気にカメラ目線。(右下)

f:id:chi-tan-35:20181218151517j:plain

f:id:chi-tan-35:20181218151527j:plain

来月~再来月(1月~2月)が、飛来のピークになります。

f:id:chi-tan-35:20181218151534j:plain