ブラモリオカ

岩手県盛岡市をブラブラしています。

まもなくクリスマス!盛岡は人口の割に教会が多い街!

f:id:chi-tan-35:20181213112726j:plain

盛岡市は人口の割に、教会が多いといいます!

  

盛岡出身の新渡戸稲造 (『武士道』や 旧五千円札でおなじみ) 、第19代内閣総理大臣 (平民宰相) の原敬はクリスチャンでした。

 

市内の代表的な教会です!

 

盛岡ハリストス正教会

f:id:chi-tan-35:20181213113018j:plain

市内で一番歴史があります。

 

1874 (明治7) 年、盛岡発の「キリスト教伝道所」として開設されました。

 

幕末期、函館に派遣された盛岡藩士たち。現地の教会で信仰を得ます。その後、藩士たちが盛岡に戻ったことにより開かれたといいます。

 

現在の教会は、1960 (昭和35) 年に建てられました。

 

新渡戸や原も、この教会の信者だったようです。

f:id:chi-tan-35:20181213113046j:plain

 

盛岡聖公会

f:id:chi-tan-35:20181213113223j:plain

1908 (明治41) 年に市内の住宅で初めて礼拝が行われ、1929 (昭和4) 年に礼拝堂が建てられました。 

  

カトリック四ツ家教会

f:id:chi-tan-35:20181213113154j:plain

1878 (明治11) 年、貧しい人を助けるための授産施設を兼ねた仮聖堂が開設。これが前身となり、1880 (明治13) 年に教会が建てられました。

 

その後、私立盛岡女学校 (現在の盛岡白百合学園) を創立。卒業生には石川啄木の妻・節子がいます。

 

内丸教会

f:id:chi-tan-35:20181213112903j:plain

1880 (明治13) 年に設立。

 

当時は、聖書がようやく日本で翻訳されはじめたような時代。

 

宮沢賢治がこの教会の宣教師と知り合い、宣教師館でオルガンを聴いていたと伝えられています。そのオルガンが現存します。

 

日本キリスト教団 下ノ橋教会

f:id:chi-tan-35:20181213112801j:plain

1887 (明治20) 年、2人の宣教師が伝道を開始。1895 (明治28) 年、初代会堂・牧師館が完成します。

f:id:chi-tan-35:20181213112834j:plain

f:id:chi-tan-35:20181213112935j:plain