ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

南大橋。通称「ナイキ橋」と呼ばれています。NIKE(?)の正体は一体何なのか?90年代ブーム再来の今だから語りたい。

f:id:chi-tan-35:20181115172220j:plain

南大橋 (みなみおおはし) 

 

上を走るのは、国道4号線

f:id:chi-tan-35:20181115172246j:plain

f:id:chi-tan-35:20181115172339j:plain

天気が良いと、上流に岩手山が。

f:id:chi-tan-35:20181115172301j:plain

「NIKE」のようなモニュメントは一体何なのか…?

f:id:chi-tan-35:20181115172536j:plain
f:id:chi-tan-35:20181115172507j:plain

こちらは、南部駒(なんぶこま)(あぶみ)を表現しています。

 

南部駒とは「馬」です。岩手県は「チャグチャグ馬コ」という行事があるように、馬と縁が深いのです。古代より良質な馬産地として、全国に知られていました。また、馬を家族の一員として大切にしてきました。

 

 ※「チャグチャグ馬コ」についてはこちら↓↓↓

www.buramorioka.com

 

「鐙(あぶみ)とは馬具の一種。人間が馬に乗った時、足を乗せる場所です。

f:id:chi-tan-35:20181115172424j:plain

ちなみに「NIKE」のロゴマーク「スウッシュ」の商標登録および、スニーカーが発売されたのは1971(昭和46)年。

 

南大橋の完成は、1966(昭和41)年になります。

 

1990年代中盤、エアマックスが大流行した頃、当時の若者達の間で「ナイキ橋」と呼ばれるようになりました。

 

橋の下の川原は、片側だけですが、遊歩道が整備されています。

f:id:chi-tan-35:20181115172614j:plain

ランニングやサイクリングに最適です。

 

公園もあります。

f:id:chi-tan-35:20181115172650j:plain

吉萬公園 (よしまんこうえん)

 

市内で糸屋商をしていた吉田萬太郎という人物が、昭和初期に自身の土地(この付近)を解放し、公園にしていたといいます。八重桜が咲き、東屋やタヌキの石像などがあり、市民が釣りや花見を楽しんだといいます。

 

現在の公園は、盛岡市が数年前に整備したものです。

f:id:chi-tan-35:20181115172719j:plain

開放的な公園になっています。

f:id:chi-tan-35:20181115172727j:plain