ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

鮭の遡上③ 実は切ない。産卵後の最期。

f:id:chi-tan-35:20181025190710j:plain

※中の橋の「サケのぼり」

 

鮭の遡上

 

今日も多くの鮭が遡上しています。

f:id:chi-tan-35:20181025190835j:plain

この川で生まれ、戻ってくるのは、1000尾のうち2~7尾といわれています。

f:id:chi-tan-35:20181025190740j:plain

4年で戻ってくるものが半数以上。(早いものは2年、遅いものは7年)

 

太平洋~北上川~中津川を遡上してきた鮭の体はボロボロです。

f:id:chi-tan-35:20181025190800j:plain

産卵を終えた鮭は… (写真の真ん中あたり↓↓↓)

f:id:chi-tan-35:20181025190923j:plain

この場所で生涯を終えます。

 

これを見た時、盛岡の人達、特に子ども達は(少し)悲しい気持ちになります。

 

こちらは、上の橋付近にある「サケの回遊経路模式図」です。

f:id:chi-tan-35:20181025191032j:plain

生まれた川に戻るのは、鮭の習性。盛岡・中津川で生まれ、死にゆくのです。

 

※過去の記事はこちら↓↓↓

www.buramorioka.com

 

www.buramorioka.com