ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

鮭の遡上!観光客の皆さんにオススメ★★★の場所は?盛岡・秋の目玉!

f:id:chi-tan-35:20181016102827j:plain

※中の橋の「サケのぼり」

 

鮭の遡上

 

盛岡は秋になると、市内中心部を流れる中津川に鮭が遡上します!

 

時期は毎年10月~12月頃まで。

 

かつて盛岡藩は徳川幕府に鮭を献上し、珍重されていたといいます。

 

※現在、この川で鮭の捕獲は禁止されています※

 

一時期、工場や家庭からの排水で川が汚れ、鮭などの魚が姿を消したといいます。下水道整備の推進により、再び綺麗な川を取り戻しました。

 

毎年、稚魚を放流しています。自然産卵・孵化(ふか)もあるようです。

 

稚魚は中津川⇒北上川⇒太平洋(アラスカ付近)で、約4年かけて成長します。そして再び中津川へと戻ってきます。

 

こちらが北上川との合流地点になります。

f:id:chi-tan-35:20181017183809j:plain

この場所から、鮭のごとく上流へ。

 

御厩橋

f:id:chi-tan-35:20181016102848j:plain

 

川原橋

f:id:chi-tan-35:20181016102920j:plain

ここからがオススメの場所です ↓↓↓

 

※オススメ度 ★★★ が満点!

 

下の橋 

f:id:chi-tan-35:20181016102954j:plain

藩政時代から残る橋です。擬宝珠は明治期に別の橋から移されたもの。

f:id:chi-tan-35:20181016103024j:plain

上流側に鮭がいることがあります。

 

毘沙門橋 ★★★

f:id:chi-tan-35:20181016103053j:plain

歩行者・自転車専用の橋です。

 

さっそく発見しました!

f:id:chi-tan-35:20181016103638j:plain

f:id:chi-tan-35:20181016103644j:plain

毘沙門橋~中の橋間(盛岡城跡公園側)にある「ビクトリアロード」です。

f:id:chi-tan-35:20181017184540j:plain

この場所には「鮭の彫刻」があります。

f:id:chi-tan-35:20181016104636j:image

姉妹都市である「カナダ・ビクトリア市との友情」をあらわしているといいます。 

 

中の橋 ★★

f:id:chi-tan-35:20181016103311j:plain

奥は「岩手銀行赤レンガ館」です。

f:id:chi-tan-35:20181016103200j:plain

こちらは「鮭のオブジェ」です。

f:id:chi-tan-35:20181016103241j:plain

鮭遡上中を知らせる「サケのぼり」が出ています!

f:id:chi-tan-35:20181016103353j:plain

鉄塔の場所は「東北電力 岩手支店」です。

f:id:chi-tan-35:20181016103451j:plain

この場所にも「鮭の彫刻」があります。

f:id:chi-tan-35:20181016103541j:plain

 

与の字橋 ★★★

f:id:chi-tan-35:20181016103420j:plain

個人的に一番オススメの場所です!! 

f:id:chi-tan-35:20181017184718j:plain

川原でも観賞できます。

f:id:chi-tan-35:20181016103720j:plain

f:id:chi-tan-35:20181016103747j:plain

f:id:chi-tan-35:20181017184833j:plain

f:id:chi-tan-35:20181018165705j:plain

毎年3月にこの付近で、稚魚の放流が行われます。

 

※ 詳しくはこちら ↓↓↓ 

www.buramorioka.com

 

上の橋 ★★

f:id:chi-tan-35:20181016103814j:plain

上を走るのは旧奥州街道で、市内で一番古い橋です。

f:id:chi-tan-35:20181016103841j:plain

この場所で鮭を発見できると、風情があります。

 

このあたりまでがオススメの場所です ↑↑↑

 

引き続き、この先も紹介していきます!

 

富士見橋 

f:id:chi-tan-35:20181016103927j:plain

「富士見」とは奥に見える「岩手山(南部富士)」のことです。

f:id:chi-tan-35:20181016104011j:plain

歩行者・自転車専用の橋です。

 

この橋の上流左側には狭い道があります。

f:id:chi-tan-35:20190930163920j:plain

下を流れる川を覗くと、鮭が遡上している時があります。

 

ここまで主に、橋の上からの様子を紹介してきましたが、川原には遊歩道があります。

f:id:chi-tan-35:20181016104053j:plain

※ 詳しくはこちら ↓↓↓ 

www.buramorioka.com

 

f:id:chi-tan-35:20181003164425j:plain

 

文化橋・東大橋

f:id:chi-tan-35:20181016104121j:plain

東大橋(右)の上を走るのは「国道4号線」です。

 

山賀橋

f:id:chi-tan-35:20181016104203j:plain

さんさ太鼓と…

f:id:chi-tan-35:20181016104225j:plain

カジカです。かつてこの川にたくさん生息していたそうです。

 

ちなみにこの川、夏場は「アユ釣り」が出来ます。ビル・マンションが建ち並ぶ市内中心部で川釣りをしている光景は、なかなか面白いものです。

 

イワナ・ヤマメもいます。

 

中津川橋

f:id:chi-tan-35:20181016104329j:plain

朝ドラのロケでもおなじみの橋です。奥には岩手山が。

f:id:chi-tan-35:20181016104410j:plain

歩行者・自転車専用の橋です。

 

浅岸橋

f:id:chi-tan-35:20181018170644j:plain

市街地からは遠いのですが、かなりの穴場です!

f:id:chi-tan-35:20181018171653j:plain

県内ニュース「鮭が遡上」の第一報は、この場所からが多い気がします。

 

中央のでっぱりは鮭が遡上しやすいように作られたそうです。

f:id:chi-tan-35:20181018171155j:plain

f:id:chi-tan-35:20191002184330j:plain

米内川との合流地点があります。手前を流れるのが中津川です。

f:id:chi-tan-35:20181018171513j:image

 

水道橋

f:id:chi-tan-35:20181018170814j:plain

この先は山道になり、しばらく橋がありません。

 

上流には「綱取ダム」があり、そこに架かる「綱取大橋」があります。源流は北上山地(岩泉町内)になります。

 

 ※下の橋~上の橋間について詳しく書いた記事です↓↓↓

www.buramorioka.com

  

Sponsored Links