ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

南部鉄器。県南は伊達鉄器ではないのか?岩手が誇るMADE IN JAPAN!

f:id:chi-tan-35:20180910140311j:plain

南部鉄器 (なんぶてっき)

 

上の写真は、盛岡駅構内(2F)にある「フクローの樹」という作品です。南部鉄器で出来ています。

 

岩手の県花「桐の花」をモチーフに、「宮沢賢治作品の世界観」と「盛岡」のイメージを重ねた作品とのこと。

 

この南部鉄器、県北地域(旧南部藩領)から、県南地域(旧伊達藩領)まで広範囲で作られています。

 

鉄瓶や風鈴がメジャーです。

 

【南部鉄瓶】

f:id:chi-tan-35:20190901104605j:plain

 

【南部風鈴】

f:id:chi-tan-35:20190801205118j:plain

 

この「南部」には2つの意味があります。

 

  • 南部藩領の鉄器
  • 岩手県南部の鉄器

 

すなわち、通称「南部鉄器」ということになります。

 

この鋳物文化、奥州藤原氏の時代には、既にあったといいます。

 

内陸部と沿岸部の間にあるのが「北上山地」です。ここには、良い鉄器を作るための条件が揃っているといいます。

 

この条件は、釜石市が「製鉄の街」になったこととも深く関係しています。

 

鉄器は主に、内陸部(盛岡市・奥州市水沢)で作られていますが、現在でも原料の多くが釜石産だといいます。

 

一時はアルミニウムの登場で、鋳物文化が衰退したといわれます。

 

現在はその良さが見直され、海外から注目されるまでになっています。

 

まさに、岩手が誇る Made in Japan !

 

Sponsored Links