ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

台風10号から2年。大きな被害を受けた岩手県。被災地の復興を応援!!久慈~岩泉~盛岡間はあの唄の舞台だった。

f:id:chi-tan-35:20180830103105j:plain

小本街道・野田街道

 

中央通り、石割桜がある「裁判所」前交差点を北へ進むと、「本町通り」交差点があります。上の写真は、その周辺から北方向を撮ったものです。

 

この場所には、このような石碑があります。

f:id:chi-tan-35:20180830103126j:plain

「是(これ)よりは小本街道 牛追のみち」

 

「小本街道」と書かれています。

 

さらに進むと・・・

f:id:chi-tan-35:20180830103445j:plain

「塩の道」

こちらの案内板(写真左)には「野田街道」と書かれています。

 

岩泉・小本方面「小本街道」(現在の国道455号線の名残)。また、久慈・野田方面「野田街道」(2ルートあった為こちらは正式に「本野田街道」といいます)。かつてはこの2つの街道が合流していました。

 

藩政時代から昭和30年代まで、塩や海産物などを牛の背中に乗せ、沿岸部から盛岡まで運んでいたといいます。

 

♪ 南部牛追唄 (なんぶうしおいうた)

 

県外の方でも、なんとな~く聞いたことがあるかもしれません。

 

この民謡の舞台が、この「小本街道」「野田街道」と言われています。

※諸説あります

 

現在でも、盛岡市街地から岩泉町方面に向かう時はこの道を使います。

f:id:chi-tan-35:20180830103217j:plain

近年は別ルートにトンネルが開通し、そちらが国道455号線になっています。盛岡駅東口⇒岩泉・龍泉洞間のバス路線は、今でもこの道です。

 

ちなみにこの道が使われるようになったのは、明治12(1879)年から。

 

それまでは…

f:id:chi-tan-35:20180830103630j:plain

現在の山岸地区を経由するルートが使われていました。写真は、盛岡市中央公民館(盛岡市愛宕町)前。

 

この場所から南下すると、上の橋があります。

f:id:chi-tan-35:20180830103651j:plain

橋の上を通る道は、奥州街道の名残になります。写真の奥、マンション2棟の間に「本町通1丁目」交差点があります。

 

ここが分岐点になっていたといいます。右に曲がると、小本・野田街道の名残。先程の中央公民館前につながります。

 

2016年の台風10号では、この旧街道沿い(主に岩泉町内)が甚大な被害を受けました。