ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

宮沢賢治ファンにオススメの聖地巡礼スポット② イーハトーブの首都・モリーオ!材木町はまるでジブリの世界!

f:id:chi-tan-35:20180828144211j:plain

材木町 

 

藩政時代は「材木商の町」でした。近くを流れる北上川を使い、材木を出荷していたといいます。

 

「材木町 よ市」という、たくさんの露店が出店する市が、4月~11月の毎週土曜日 (15:00~18:30) に開催されます。

f:id:chi-tan-35:20190905204129j:plain

宮沢賢治も通った、旧盛岡高等農林学校 (現岩手大学農学部) からも近く、ゆかりのお店もあります。

 

現在はメインの通りを「イーハトーブ・アベニュー」と呼んでいます。賢治作品にちなんだ不思議なモニュメントがあります。

 

【石座】  

f:id:chi-tan-35:20180828155818j:plain

 

【星座】 

f:id:chi-tan-35:20180828155914j:plain

 

【音座】 

f:id:chi-tan-35:20180828155948j:plain

 

【絹座】 

f:id:chi-tan-35:20180828160218j:plain

 

【花座】 

f:id:chi-tan-35:20180828160028j:plain

 

【詩座】 

f:id:chi-tan-35:20180828160111j:plain

他にも不思議なものがいっぱい!

f:id:chi-tan-35:20180828160610j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828160622j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828160655j:plain

「雨ニモマケズ」の詩が刻まれています。

f:id:chi-tan-35:20180828160736j:plain

そして、賢治が足しげく通ったという店は…

 

【村定楽器店】

f:id:chi-tan-35:20180828160855j:plain

賢治が蓄音機やレコードを購入していた店です。

 

【東山堂支店】

f:id:chi-tan-35:20180828161008j:plain

賢治が書籍を購入していた店です。ツケを花巻にいる父親に回したという逸話が残っています。

 

【光原社】

f:id:chi-tan-35:20180828161220j:plain

かつて出版社だったこのお店。社名は賢治が命名しました。当時の店主は、賢治の高等農林時代の後輩だったといいます。

 

賢治作品には有名なものがたくさんありますが、生前はあまり評価されませんでした。

 

唯一刊行されたのが、童話『注文の多い料理店』です。

 

その出版元になります!

 

現在は鉄器や漆器をはじめ、様々な物産を取り扱うお店になっています。裏には喫茶店や展示室もあります。

f:id:chi-tan-35:20180828161851j:plain

f:id:chi-tan-35:20190907150148j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828161915j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828161942j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828162010j:plain

f:id:chi-tan-35:20190905200926j:plain

「宮澤賢治 イーハトーヴ童話 注文の多い料理店 出版の地」と書いてあります。

f:id:chi-tan-35:20190905200618j:plain

f:id:chi-tan-35:20190905201010j:plain

童話『烏の北斗七星』の一部を刻んだ石柱もあります。

f:id:chi-tan-35:20190905200628j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828162043j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828162112j:plain

f:id:chi-tan-35:20180828162140j:plain

f:id:chi-tan-35:20190907150337j:plain

まるで、ジブリ作品の世界にでも迷い込んだよう。『千と千尋の神隠し』あたりに登場しそうです。

 

【法華宗 本正寺】

f:id:chi-tan-35:20190907145900j:plain

賢治の死後、父の政次朗は遺言通り『国訳妙法蓮花経』1,000部を刊行。賢治の友人達に配りました。

 

刊行の際、文字の校正をしたのが、このお寺の住職でした。

f:id:chi-tan-35:20190907145910j:plain

 賢治さんが生きていたら、きっとこう言うはず…

f:id:chi-tan-35:20180828170635j:plain

「遊びさ、来てけろ!」(標準語訳 : 遊びに来てください!)

 

賢治の作品に登場する「イーハトーブ」という国があります。「理想郷」という意味のこの国は、岩手県がモデルです。

 

その首都の「モリーオ」は、盛岡市がモデルです。

 

他に「ハームキヤ」という場所もあります ↓↓↓

chi-tan-35.hatenadiary.com

  

Sponsored Links