ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

冬は北国・夏は南国!気温差日本一の県庁所在地と噂の盛岡市!

f:id:chi-tan-35:20180719171102j:plain

本日は「処暑」です。暑さがやわらぐ日といわれています。

 

台風20号のフェーン現象で、本日の盛岡市は、午前中から30℃超え。正午には35℃を超え、最高気温36.3℃(今年最高)を観測しました。

 

岩手県全体でも、1994年8月9日以来、24年ぶりに県内全観測地点で30℃超えとのことです。

 

8月に入ってから、気温の変化が大きすぎて、体がついていきません。

 

盛岡市の8月の最高気温です。

 

  • 1日…32.3℃
  • 6日…21.2℃
  • 15日…33.7℃
  • 16日…22.9℃
  • 17日…19.5℃
  • 23日…36.3℃ (本日・今年最高)

 

今年は冬も寒かったんです。

 

最低気温が-10℃近くになる日も多く、2月22日には-12.2℃を観測しました。

 

宮沢賢治『雨ニモマケズ』の中に「雪ニモ 夏ノ暑サニモ負ケヌ 丈夫ナカラダヲモチ…」という部分があります。

 

岩手県の内陸部は盆地(内陸性気候)のため、夏は暑く冬が寒いんです。

 

47都道府県庁所在地だけでみると、盛岡市の夏場と冬場の気温差は日本一という説もあります!

 

それにしても、今年は暑すぎます…。

 

Sponsored Links