ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

【中止・延期】舟っこ流し③ 盛岡の送り盆。

f:id:chi-tan-35:20180605155742j:plain

舟っこ流し 

 

※ 川の増水により本日の開催は中止となりました。明後日18日(土)に延期されるそうです※

 

元々「舟っこ流し」は、藩政時代、舟の転覆により北上川で亡くなった、遊郭の遊女たちを供養するために始まったとされています。

f:id:chi-tan-35:20180810101116j:plain

それが、先祖を送り、無病息災を願う行事に変わったとか。

 

「舟っこ流し」が行われる場所に架かるのが明治橋

f:id:chi-tan-35:20180710112417j:plain

名前の通り、明治時代に架けられた橋です。

 

藩政時代は、舟を並べた「舟橋」が架けられていたといいます。川の増水による事故も多かったようです。

 

また、この場所から下流に行くと、地蔵が川を見つめていいます。

f:id:chi-tan-35:20180725194511j:plain

來福地蔵尊

 

かつて「間引き地蔵尊」と呼ばれていました。飢餓が多かった時代、このあたりに間引きされた嬰児(みどりご)の遺体が流れ着いていたといいます。その供養の為に建立された地蔵です。

 

地蔵の見つめる先を流れるのが、北上川・南大橋付近。奥に見えるのが明治橋になります。

f:id:chi-tan-35:20180816142607j:plain

この付近では「舟っこ」が流されているのと同時刻、灯篭流しが行われます。嬰児や地蔵と関係があるのかは不明なのですが。

 

こちらは、13日の迎え盆に撮影した「舟っこ」。

f:id:chi-tan-35:20180814113837j:plain

この「舟っこ」が流されるのは…

 

【日にち】 2018年8月18日(土)

【場所】  明治橋上流右岸 (盛岡市仙北町1丁目)

【時間】

● 16:00 舟っこ集合

● 16:30 式典法要

17:30 流舟  

(同時間帯)     近くの「南大橋」上流では灯篭流し

● 18:30 投げ松明・灯篭流し(会場)

● 19:00 花火大会(3000発)

 

※予報では明日(17日)の午後から晴れるようです※