ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

盛岡ラーメン?「秘密のケンミンSHOW」2時間SPにも登場。盛岡の麺事情。

f:id:chi-tan-35:20180717133648j:plain

盛岡名物と言えば…盛岡冷麺・盛岡じゃじゃ麺・わんこそば。いわゆる盛岡三大麺

 

そんな盛岡市、なぜかラーメンが大人気なのです。

 

● 中華麺消費量(家庭)…全国1位

● 中華そば(外食)の支出ランキング…常にTOP10入り

 

※これには諸説あります※

 

【単に麺好き説】

上にあげた盛岡三大麺。これだけ麺文化が根付く地域性だからという説。大昔は気候的に稲作に向かなかった岩手県北部。蕎麦だけでもたくさん食べてもらおうと「わんこそば」という文化が発祥しました。いわゆる「おもてなし料理」。大食い大会のイメージがありますが、実は戦後からなのです。冷麺やじゃじゃ麺が根付いたのも「わんこそば」があったからではないかと言われています。

 

【昔は市内にラーメン屋が少なかった説】

現在でも市内中心部は、他県の同規模の都市に比べると、ラーメン屋が少ないかもしれません。「わんこそば」を提供する蕎麦屋。盛岡じゃじゃ麺屋。そして、盛岡冷麺を食べる為だけに、焼肉屋に入ります。街中にラーメン屋が少ないから家でラーメンを食べる。 現在は街が広がり、郊外(特に市内北部)に行くと、ラーメン屋がたくさんあります。ラーメン激戦区になっているという話も聞きます。

 

ただ、ハッキリとした理由は分かりません。あくまでも私が見聞きした「そうなのではないか」と言われていることです。

 

日本テレビ『秘密のケンミンSHOW』、NHK『あさイチ』でも紹介された、柳屋というお店。「キムチ納豆ラーメン(レアチーズ追加あり)」というものがあります。

 

ユニークなラーメンが多いのが特徴です。