ブラモリオカ ‐岩手県盛岡市非公認ガイド‐

観光客数に伸び悩む岩手県や盛岡市。岩手県…面積は47都道府県中【第2位】、観光客数は【ワースト2位】経験あり。県庁所在地・盛岡市…東北6県の県庁所在地の中で常に【最下位】。岩手県への観光客は、世界遺産・平泉→仙台&松島(宮城県)パターンが多いのが現実。「盛岡もの識り検定(通称 : もりけん)2級」合格者、一応「もりおかコンシェルジュ」が岩手県や盛岡市のメジャーからマイナーまでをご紹介。モットーは「なるべくゆる~く」。

盛岡秋まつり・南部風流山車。「東北六魂祭」や「東北絆まつり」in 盛岡にも参加。

f:id:chi-tan-35:20180517163514j:plain

※写真は「もりおか歴史文化館」の展示品

 

盛岡市では6月から9月にかけて、大小様々非常に多くのお祭りが開催されます。

 

その中でも、盛岡を代表する大きなお祭りが2つ。盛岡さんさ踊り(毎年8月1日~4日)。そして、毎年9月14日~16日(13日は前日祭)には…

 

盛岡秋まつり

 

上の写真のような山車が、各町内・市の観光協会・山車同好会を中心に作られ、盛岡市内を練り歩きます。毎年だいたい8台ぐらいが参加します。

 

初詣の参拝客数が県内で一番多い、岩手・盛岡を代表する神社。

f:id:chi-tan-35:20180517163437j:plain

盛岡八幡宮

f:id:chi-tan-35:20180517163456j:plain

この神社の例大祭として1709(宝永6)年から続く、非常に歴史のあるお祭りです。盛岡藩の城下町が完成したのを記念して始まったと言われています。

 

【前側】

f:id:chi-tan-35:20180517163514j:plain

「風流」といいます。

 

【後側】

f:id:chi-tan-35:20180517163525j:plain

「見返し」といいます。

 

前の小太鼓小学生が、後ろの大太鼓大人達がたたきます。山車作りや太鼓の練習は、毎年お盆明けからスタートします。

 

ちなみに明治期の山車は、こんなに大きかったらしいのです。その高さ9m!!

f:id:chi-tan-35:20180517163532j:plain

現代のものと比べてみても、この通り。

f:id:chi-tan-35:20180517163600j:plain

岩手県(主に北部)~青森県(南部地方・ちなみに津軽に対する南部)には、このように山車が街を練り歩くお祭りがたくさんあります。

 

有名なものだと、青森県八戸市の「八戸三社大祭」、連続テレビ小説『あまちゃん』にも登場した岩手県久慈市の「久慈秋祭り」の豪華な山車があります。

 

ちなみに『もりおか歴史文化館』(盛岡市内丸)では、気分だけですが体験・記念撮影もできます。

f:id:chi-tan-35:20180517171051j:plain

f:id:chi-tan-35:20180517163609j:plain