ブラモリオカ

岩手県盛岡市の非公認ガイドです。盛岡もの識り検定(もりけん)2級合格者、もりおかコンシェルジュが色々書いています。

Sponsored Links

開運橋。ガイドマップ・ロケ場所でもお馴染み。盛岡の玄関口。

f:id:chi-tan-35:20180511193538j:plain

開運橋

 

盛岡駅の東側を北上川が流れています。駅と市街地を結ぶ橋です。バックの岩手山との風景は、盛岡玄関口の目玉といった感じです。

 

1890(明治23)年、盛岡駅の開業に伴い完成しました。現在の橋は1953(昭和28)年に架けられたものです。

 

「橋を渡ると運が開ける」という逸話があります。

 

また、「二度泣き橋」とも呼ばれます。

 

転勤族が初めて盛岡を訪れて橋を渡る際、遠く離れたところまで来てしまったと一度泣きます。

 

そして期間を終えて盛岡を去る際、駅へ向かう途中にこの橋を渡り、二度目は離れるのが辛くて泣くというのです。

 

1982(昭和57)年の東北新幹線開業以前から、転勤族の間で語られていたといいます。

 

それでは、開運橋を様々な角度からご紹介します。

 

盛岡駅の2Fから 

f:id:chi-tan-35:20180511201340j:plain

f:id:chi-tan-35:20180511201421j:plain

 

不来方橋から

f:id:chi-tan-35:20180511193538j:plain

f:id:chi-tan-35:20180511194258j:plain

盛岡のガイドマップ、旅番組や盛岡を舞台にしたドラマのロケなど、この角度が非常によく使われます。

 

市街地側

f:id:chi-tan-35:20180511202622j:plain

 

旭橋から

f:id:chi-tan-35:20180511203245j:plain

後ろを振り返ると…

f:id:chi-tan-35:20180511203514j:plain

岩手山がドーンと表れます。川沿いには遊歩道が整備されています。

f:id:chi-tan-35:20180528175653j:plain

Sponsored Links