ブラモリオカ

主に岩手県や盛岡市のこと、他にも自身の経験、好きなことなど書いています!

Sponsored Links

スポット

ビル街の湧水&昭和レトロなショッピングビル!大坂夏の陣から紅白歌手まで!

御田屋清水 大通商店街 (アーケード) の公園側入口にあります。 下の写真の右側になります ↓↓ 周辺にはビルが立ち並んでいますが、自然の水が湧いています。 この場所には「御田屋」と呼ばれる藩主の別荘があり、この湧き水は、盛岡城内の飲料水や茶道の際に…

日曜夜の静けさ…盛岡八幡宮&八幡町へ!

いつのまにか、夜風が心地よい季節になりました。 昔から、日曜夜に盛岡八幡宮へ行くのが、精神統一のような習慣です。日中や平日夜とは違った静けさがあります。 今年は、様々な祭りが中止になってしまったので、静かな1年になりそうです。 ※ この場所につ…

異国情緒漂う…中の橋周辺のハンギングバスケット&岩手銀行赤レンガ館のローザ!

盛岡市は、公共空間の「ハンギングバスケット」の設置数が日本一です! 「花の街」として世界的に有名な、姉妹都市である、カナダ・ビクトリア市を参考にしているとのこと。 特に、中の橋周辺は人気スポットになっています。 その橋のたもとにある、岩手銀行…

復活!日本一広い公民館!

盛岡市中央公民館 大規模改修中の昨年秋、庭園の紅葉を取り上げました。この春から、建物部分が段階的に再開しています。 ※ 昨年の記事 www.buramorioka.com 旧盛岡藩主の別邸跡地に建てられたこともあり、延床面積・敷地面積ともに「日本一広い公民館」にな…

住宅街の異空間!武田邸庭園のレアな一般公開!

武田邸 長田町にある、盛岡市の保護庭園・保存建造物です。 5月~11月の第2・第4土曜日 (6月・11月は第1土曜日も) の月2~3日限定で、庭園のみが一般公開されています。 入園できるのは「3時間 × 年16日」ほど。この度、初めて入りました! 紅葉が美しいらし…

材木町「よ市」が1ヶ月遅れで開幕!韓流スターが昔の恋人と再会した夕顔瀬橋!川原遊歩道は先人の知恵!

先週土曜日、毎年恒例の材木町「よ市」が、1ヶ月遅れで開幕しました。 いまだ感染者ゼロの岩手県。その注目度は高いようで、「よ市」開幕の話題が、各局の全国ニュースでも扱われるほど。 例年100店舗ほどが出店しますが、今回は13店舗まで縮小。みんなマス…

しもちゅう周辺にあった桜の馬場とは?

下の橋 (しものはし) 近く、中津川と北上川の合流地点付近にある、盛岡市立下橋中学校 (通称 : 下中→しもちゅう) の裏側です。 岩手県内で一番歴史があり、卒業生には、米内光政・石川啄木・金田一京助がいます。 開花し始めているのは、桜でしょうか? それ…

明治橋と際にある御蔵の一般公開!

明治橋 北上川に架かる橋です。明治天皇の東北巡行に備えて、明治7年に初代の橋が完成しました。 橋が架かる以前は、舟を何艘か並べて鉄鎖でつなぎ、その上に大量の厚板を敷き、そこを人や馬が渡っていたといいます。 その場所は、橋より100メートルほど下流…

長いから長町!嵐メンバー絶賛のコッペパンを本店で堪能しやがれ!宮沢賢治パワーがここにも!

長田町 (旧長町) 盛岡城下の中で「最も (距離が) 長い町」ということで、長町 (ながまち) と名付けられました。 現在は、この表通りを中心に、長田町 (ながたちょう) が広がっています。町の南側は、材木町に隣接しています。 ※ 材木町について www.buramori…

マンション裏の武家屋敷!啄木新婚の家は修学旅行・自主研修の人気スポット!

啄木新婚の家 仁王三小路のひとつ「帷子小路 (かたびらこうじ)」に、幕末期に建てられた武家屋敷 (中級武士程度) の名残です。 ※ 仁王の地名について www.buramorioka.com 市内中心部に、町屋の名残が多い盛岡ですが、現存する武家屋敷はこの一軒のみ。 なぜ…

休校中の小学校名から盛岡の歴史をたどる!仁王・桜城の由来!

盛岡の中心部では「仁王」という文字をちょいちょい見かけます。代表的なのが、盛岡市立仁王小学校です。 他にも… 仁王幼児公園・仁王幼稚園などがあります。マンション名・店名に「仁王」が入っていたりもします。 しかし… 「仁王」という地名もなければ、…

衝撃!ムカデ姫の墓伝説!盛岡最大のミステリー!

ムカデ姫の墓 名須川町「光台寺」にある、2代藩主の正室のお墓です。 先祖が「ムカデ退治」に使った矢じりを持って、会津から嫁いできたといいます。 90歳を過ぎて逝去した際、遺体の下に、ムカデを連想させる奇妙な変色が浮き上がり、「ムカデ退治に使われ…

旧四ツ家町は金田一少年「じっちゃんの名」ゆかりの地!大智田中地蔵尊と四ツ家惣門!

大智田中地蔵尊 (だいちたなかじぞうそん) 本町通2丁目 (旧四ツ家町) にあり、「田中の地蔵さん」「四ツ家の地蔵さん」と呼ばれ、地域の人から親しまれています。 作られたきっかけは、四代盛岡藩主夫人の弔いのため。嫡子であった五代藩主によって建立され…

十六羅漢&五智如来に囲まれて!厳かすぎる児童公園が茶畑の中に!

十六羅漢 (じゅうろくらかん) 茶畑地区にあります。 「十六羅漢」なので、16体の羅漢があると、市内の人でも思いがちなのですが… 十六羅漢と五智如来、合計21体の石仏があります。 藩政時代、この場所はお寺 (宗龍寺) だったといいます。 宗龍寺は明治維新後…

最近話題の木伏緑地!ところで「木伏」って何?

木伏緑地 「木伏 (きっぷし)」と読みます。 盛岡駅の近く、開運橋付近の北上川沿いです。緑地公園だった場所に、2019年9月、お洒落な飲食店 (数件) がオープン! 盛岡市民の間では、賛否が分かれています。 2017年に「都市公園法」の改正により創設された「…

NHKといえば上田!日本アカデミー賞最優秀作品の舞台!足軽町から文教地区へ!

上田通り・上田商店街 旧奥州街道で、この通りを中心に、上田地区 (1丁目~4丁目) が広がっています。 藩政時代は「上田組町」と呼ばれ、盛岡城下北の関門として、主に足軽 (下級武士) が住み、警護にあたっていたといいます。 近代に入り、地区内には学校が…

岩手県公会堂はクリスマスの日に行きたくなる!

岩手県公会堂 大小16の会議室・大ホール・ギャラリーなどで構成される公共施設です。 昭和天皇のご成婚を記念して、1927 (昭和2) 年に建てられました。 設計は「日比谷公会堂」などを担当した建築家です。 庭園の像は、第19代内閣総理大臣 (平民宰相) 原敬で…

紺屋町と旧鍛冶町!この場所にあった一里塚と盛岡駅!

紺屋町 (こんやちょう) 中津川の清流を利用した、紺屋 (染物屋) が集まっていたことに由来します。 この町で作られた染物は、盛岡藩の特産になっていたようです。 現在「紺屋町」と呼ばれる地域には、「旧鍛冶町」が含まれます。鍛冶職人が多く住んでいたこ…

寅さんも渡った盛岡で一番古い橋!上の橋とその界隈に迫る!

上の橋 1609 (慶長14) 年、2代藩主 (南部利直) が盛岡城築城に伴い、中津川に架けた、盛岡で最も古い橋です。 「擬宝珠」は当時から残ります。 橋の上を通る道は、かつて奥州街道でした。周辺には昔ながらの建物など、多く残っています。 旧井弥商店 明治末…

葺手町はビルに隠れた名スポット!宮沢賢治作品の舞台!テレビの全国放送によく登場するお店も!

葺手町 「ふきでちょう」または「ふくでちょう」と読みます。かつて、屋根葺職人が住む町だったことに由来します。 現在の住所表記では「中ノ橋通」の一角になります。 アーケード街である肴町商店街 (ホットライン肴町) の北側を走る通りです。 明治40年創…

北山散策路でプチ登山&ちょっと冒険!愛宕山展望台は『そして、生きる』ロケ地!

北山散策路 盛岡市中央公民館の裏から愛宕山に登り ⇒ 三ツ割 ⇒ 北山 ⇒ 高松の池へと向かう、約4km (1時間ほど) の散策コースです。 市の中心部からも近く、気軽に散策できる山です。 下の写真、左側が中央公民館の裏口、右側が散策路への入り口になります。 …

盛岡にある日本一広い公民館!秋の庭園は紅葉の絨毯!

盛岡市中央公民館 (庭園) 愛宕町の「旧下小路」と呼ばれる通りと、国道4号線が交差する場所にあります。市内中心部からも比較的近いです。 延床面積・敷地面積ともに「日本一広い公民館」だそうです! 現在は公民館の建物が大規模改修中で、庭園のみ楽しむこ…

旧石井県令邸とは?ジブリっぽい洋館をハロウィンの日に紹介!

清水町の閑静な住宅街の中に、突如あらわれる不思議な洋館があります。 旧石井県令私邸 「県令」とは、現在の「県知事」にあたります。 2代目にあたる、石井省一郎県令の邸宅として、1886 (明治19) 年頃に完成したといわれています。 盛岡で最も古い、本格的…

鹿妻穴堰は盛岡藩の石高を大幅アップさせた!社会科見学定番スポット&いわて盛岡シティマラソン山場!

鹿妻穴堰 (かずまあなぜき) この場所は「鹿妻穴堰 頭首工」といいます。 頭首工とは、川の水を農業用水として水路に引き込むために設ける「取入口」のことで、奥を流れるのは雫石川です。 この場所を頭首工として「鹿妻本堰」が、盛岡市南部 (盛南地区) ⇒ 矢…

中津川遊歩道を鮭のごとく上流へ!

中津川遊歩道 盛岡中心部を流れる中津川では「鮭の遡上」が始まっています。 中津川原には遊歩道が整備されていて、散歩・ランニングコースとしても人気です。 御厩橋 (北上川との合流地点) ⇒ 中津川橋まで歩いてみました! 中津川橋に到着。 ここで遊歩道が…

宮沢賢治と銀河鉄道風のSL銀河!観光にもオススメ!盛岡市内ゆかりスポット10選をご紹介!

宮沢賢治は花巻出身ですが、学生時代を盛岡で過ごしています。市内に残る「賢治ゆかりの場所」をたどってみます。 「銀河鉄道」をモデルにした「SL銀河」を見学できる場所も紹介します! ① 旧盛岡高等農林学校本館 現在は「岩手大学農学部附属農業教育資料館…

盛岡町家旧暦の雛祭りと鉈屋町界隈!

盛岡町家旧暦の雛祭り 鉈屋町界隈 「なたやちょう」と読みます。 今でも、城下町時代の古い町並みが残る場所です。 旧暦の雛祭りに合わせ、40軒近くの町家・商店が雛人形を飾り、一般公開しています。 【開催日】 毎年4月の第2土曜・日曜日 受付にて「通行手…

南昌荘は朝ドラ旅館モデルのひとつ!座敷童が出るかもしれないファンタジックな雛まつり!

南昌荘(なんしょうそう) 清水町にあり、「みちのくの鉱山王」と呼ばれた盛岡出身の実業家、瀬川安五郎の邸宅として、1885 (明治18) 年に建てられました。 その後、売却が繰り返され、現在はいわて生協が保存・一般公開しています。 かつては、現在よりも広大…

一ノ倉邸の雛祭り!アベヒロシ&舘ひろしの邸宅?世界遺産・平泉との関係は!?

一ノ倉邸 (いちのくらてい) 安倍館町にある、明治後期に建てられた邸宅です。 盛岡出身で、東京府知事などをつとめた人物… 阿部浩 (あべ・ひろし) その昔、この地を治めていた豪族・安倍氏の末裔です。 盛岡藩士の子として生まれ、藩校「作人館」(現仁王小学…

富士見台緑地は冬におすすめ!美しく勇ましい岩手山が望める場所!

富士見台緑地 市内中心部から「四十四田ダム」へ向かう途中、ダム手前の岩脇町にあります。 東屋・ベンチ・モニュメントだけがある小さな緑地です。 春から秋にかけては、現在のところ木が生い茂っています。 冬になると、このとおり! 岩手山がくっきりと見…

Sponsored Links